印刷

進路指導について

手作りの進路
小平高校では、毎年約280名の生徒が、希望の進路を実現させて、明るい笑顔で巣立ってゆきます。
本校では、生徒のひとりひとりが“手作りで進路を形づくっていく”ということをモットーとしています。1・2年次の早い段階から進路のステージを意識して自分を見つめ、様々な調べ学習や体験学習、ガイダンス等を通して、学問や仕事について、また上級学校について研究していきます。このような進路についての深い理解があるからこそ、日々の学習や部活動にも一層熱が入るのです。
さらに3年次 ― 実際の進路に向けて準備に入る時期には、担任と教科担当、進路指導部が協力して、ひとり
ひとりの志望に沿って強力にバックアップをします。
 

 

各学年の進路指導概要
 
1・2年次 進路のステージ
 
学年
ステージ
時期
 
1
 
 
 
 
1
1
◇自己を知り、目標を立てる◇
 実力テストの個人診断票等を用いて自己理解を図り、高校生としての
 目標を立てる。
2
1
◇進路についての基礎的な知識を得る◇
 「進路の手引き」のワークシート学習や職業適性検査を通して、
 進路についての基礎的な知識を得る。
3
2
◇学問・職業について知る◇
 外部講師による進路講演会、分野別ガイダンスを通して、
 「学ぶこと」と「働くこと」についての理解を深める
4
2
◇希望進路を設計する◇
 進路希望を、大学・短大、専門学校、就職・公務員に具体化し、
 2学年での文系・理系による選択科目を決める。
5
3
◇先輩の経験から学ぶ◇
 3年生講演「ようこそ先輩」や「合格者座談会」を通して、学校生活、
 受験などについて先輩たちの経験から学び、今後の取り組みに資する。
 ☆実力テスト、進路希望調査 ・・・4月、11月
  ☆全国模試・・・2月(希望者)
  ☆看護医療体験・・・夏(希望者)
2
 
 
 
 
6
1
◇学部・学科について知る◇
 進路資料や教育実習生講演「ようこそ先輩」により、大学・短大、
 専門学校の学部や学科の内容を知り、自分の進路を学部・学科との
 関連で考える。
7
1
◇進路の具体化を図る◇
 外部講師による分野別模擬授業を通して、大学・短大、専門学校の
 内容を知り、進路の具体化を図る。
8
◇大学、短大、専門学校を実際に見る◇
 オープンキャンパスや学校説明会などに参加し、大学・短大、専門学校の
 志望校を決める参考にする。
9
2
◇入学試験の実際を知る◇
 入学試験のシステムや入試科目などをについて調べ、3年次の
 自由選択科目を決める。
10
2
◇受験への準備を進める◇
 大学・短大、専門学校、看護・医療、就職・公務員の4分野別に
 受験に関するガイダンスを受け、具体的な計画を立て始める。
11
3
◇先輩の経験から学ぶ◇
 3年生講演「ようこそ先輩」や「合格者座談会」での先輩の体験談から、
 学校生活や受験の実際、心構えを学び、最終学年の取り組みに資する。
12
3
◇大学・短大、専門学校、職場を実際に見る◇
 オープンキャンパスや企業・公官庁見学などに参加し、志望校や
 希望職場の選択に資する。
 ☆実力テスト・進路希望調査 ・・・4月、11月
 ☆全国模試・・・11月(全員)、2月(希望者)
 ☆看護・医療体験・・・5月(希望者)、夏(希望者)
 ☆看護模試・・・10月(希望者)  
 
3年次 進路の取り組み
生徒は1・2年次のステージを通して決定した進路の実現にむけ、努力を重ねます。一方その実現を助けるために、担任・教科担当・進路指導部などが一丸となって、以下のような援助体制を取っていします。
個人面談(通年)
就職指導(5月以降)
専門学校見学指導(6月)
大学・短大 一般・センター試験及び公募推薦・指定校推薦受験ガイダンス(7月)
各教科受験講習(通年、夏季休業中)
模擬試験(年間5回校内実施)
模擬面接(9月以降)
小論文指導(7月以降)
 
保護者へのガイダンス
保護者の方々にもタイムリーな進路情報が必要であると考え、以下のようなガイダンスが実施されます。
1年次 春・秋  :保護者会
2年次 春・秋  :保護者会
2~3月 :進路別ガイダンス
3年次 春    :保護者会
6月   :進路別ガイダンス
    以上のほかに、11月PTA主催 外部講師による進路講演会が実施されます。
 
〒187-0042 東京都小平市仲町112番地
電話 : 042-341-5410 ファクシミリ : 042-342-7482